sakura-world

『人生一度きり』『やらない後悔よりやる後悔』 大学を中退後、ふらふらと放浪中。 日本中を、世界中をサクッとさく旅。

冬の夜風が頬を撫でる時。

 

 

昨日は奥湯河原の夜空が綺麗だった。

月も綺麗だった。

 

 

 

今私は、奥湯河原で仲居の仕事をしている。

所謂、リゾートバイトというやつだ。

 

 

 

平成最後のクリスマスも。

平成最後の年末年始も。

平成最後の元彼の誕生日も。

 

 

ここで過ごす。

なんだかちょっと虚しいな。

 

 

 

そんなことを、お風呂上がりに夜空を眺めて考えていた。

 

 

 

寝て働いて寝て働いて。

そんな毎日の繰り返しの中で、楽しさを見出すのは至難の技で。

 

 

『心が動く』っていうことがなくなってきている気がした。

 

 

 

今まで自由に

やりたいことをやって、

食べたいものを食べて、

見たいものを見てきた。

 

 

 

このリゾートバイトも、ずっとやってみたかったことの一つ。

 

 

温泉に入って、働いてお金を稼いで、ごはんを食べて。

楽しそうじゃん。

 

 

なんて軽い気持ちでいた。

 

 

仲居さんって、人生で経験できることなんてないからこれにしよう。

 

 

そう思って自分の意思で決めた。

 

 

 

 

実際には、

仲居のお姉さんがたの派閥。

中腰作業による腰痛。

立ち膝による膝の乾燥と荒れ。

 

と、しんどいことも多い。

 

 

 

じゃあ、途中で投げ出せばよくない?

 

 

なんて思われるかもしれない。

 

 

 

 

それでもやっぱり、お客様との時間が最高に楽しい。

食事の配膳と片しという短い時間の中で、様々な会話ができる。

 

 

 

私が仙台出身であることを伝えたご夫妻は、

今どのくらい復興してるの?当時私たちもボランティアに行ったのよ

と地元の心配をしてくださったり。

 

 

三世代で旅行中の2歳の息子さんは、

私にとても懐いてくれて、ハグや抱っこをしてあげる度に

ママやったー!やったー!

 

と無邪気にはしゃいでくれたり。

 

 

中国から1人旅で訪れてくれた女性は、

拙い私の接客に最後の最後まで「ありがとう」と伝えてくれたり。

 

 

一つ一つの言葉や行動が嬉しくて。

仕事中にも関わらず、泣いてしまいそうになる。

 

 

 

あぁ、やっぱり自分は人と関わることが好きなんだな。

そう、再確認できる瞬間だった。

 

 

 

 

今日の夜空も綺麗だ。

明日も明後日も、きっと綺麗だ。

 

 

 

冬は、何かと考えさせられる。

寒いのは嫌いだ。けど、冬が嫌いな訳じゃない。

 

 

 

冬の夜風が頬を撫でる時。

私は、夜空を眺めているだろう。

 

f:id:sakusmap:20181218192905j:image