sakura-world

『人生一度きり』『やらない後悔よりやる後悔』 がモットーの大学2年。 日本中を、世界中をサクッとさく旅。

地平線の向こう側。

 

 

私たち人間は、アフリカ大陸という地で誕生したらしい。

 

 

小学生の頃。

社会の授業で、地平線の向こう側の世界を知った。

 

 

けどそれは、教科書上での話。

 

 

 

小中高と情報量は増え、自分の中でのアフリカに対する固定したイメージが出来上がった。

 

 

 

多種多様な民族に、広大な大地。

自然と共存する姿。

 

 

それと共に、アフリカ=危険という文字がセットになっていた。

心の中で密かに行きたいと小学生の頃から夢見て。

 

 

 

 

これまで13カ国旅してみて、気付いたことがある。

 

『イメージは覆される』

 

それは、良い面でも悪い面でもだ。

 

 

 

だからこそ旅はやめられないし、周りの情報だけを鵜呑みにはしたくない。

旅をする度に、日本での情報を自分の見た真実として脳内をアップデートしていく。

 

 

 

そう、今回はイメージのアップデートをしてくる。

アフリカの。

 

 

 

もしかしたら、イメージ通りの場所かもしれない。

なんてことはきっとなくて。

 

 

何かしら、自分の知らないものが待っている。

 

 

 

訪れるのは、2カ国。

ケニアとエチオピアだ。

 

 

どうしても行ってみたかった国。

 

エチオピアには、インジェラという世界一不味い食べ物があるのだとか。

気になる。

 

ケニアは、マサイ族とサファリ。

マサイ族は世界一有名な民族なのではないだろうか。

それに加えて、リアルライオンキング。

 

 

っていうのは後付けで。

実際アフリカならどこにでも行ってみたいと思っていた。

 

 

よく「なんでそこにしたの?」と聞かれる。

 

 

きっと質問した相手は、ちゃんとした答えを望んでいるのだろう。

けど「ただ、気になった、航空券が安かった」じゃダメなんだろうか?

 

 

 

だからこうやって、後から理由付けをする。

 

 

 

実際、行くことが決まってから下調べをしだす。

ケニアもエチオピアも何があるのか正直よく分かってないし、下調べだけではイメージはアップデートされない。

 

 

この目で、この足で、この体で。

体感してこそ、そこの国の良さが分かる。

 

 

もちろん楽しみなこともあるけれど、そこに固執した旅はしたくない。

 

 

 

不安はないのか?

と聞かれたら、ないとは言えない。

 

 

ちょっとの不安と、大きな期待。

そしてアフリカへのイメージを抱えて旅に出る。

 

 

 

私のことを待っている場所が、地平線の向こう側にあるから。

 

f:id:sakusmap:20180824213525j:plain