sakura-world

『人生一度きり』『やらない後悔よりやる後悔』 がモットーの大学2年。 日本中を、世界中をサクッとさく旅。

平成最後の夏だから。

 

 

日本人は、終わりが見えているものが好きだ。

 

 

散りゆく桜を眺め、

閉店セールには列をなし、

解散を発表したバンドの曲を突然聴き出す。

 

 

 

儚い。

切ない。

 

そんな日本人特有の感情。

 

 

 

最近よく耳にする。

平成最後の〇〇

 

 

天皇陛下が来年4月に退位すると知った私達は、

突然平成の終わりを突きつけられた。

 

 

 

SNSでは、こぞって『平成最後の』と言いたがる。

 

 

大して去年と変わらない。

ただの平成の内の1年にしか過ぎないのに。

 

 

 

なぜ、そんなに終わりが見えるものが好きなのか。

きっと、何か理由が欲しいだけなんだ。

 

 

 

『平成最後』を言い訳に、

ただ何か行動に移したいだけ。

 

 

 

これから平成最後の誕生日も、

平成最後のハロウィンも、

平成最後のクリスマスも、

平成最後の年越しも、

私達を待っている。

 

 

そんな節目のタイミングに、

新たな自分に出会えるかもしれない

新たな恋が待っているかもしれない

新たな未来が待っているかもしれない

 

 

 

その『かもしれない』に思いを馳せながら、

各々が『平成最後』を楽しんでいるのだろう。

 

 

 

今は、平成最後の夏だ。

去年となんら変わりのない夏だ。

 

 

 

それでも、平成最後の夏だから

 

 

いつもより勇気を出して、一歩を踏み出してみよう。

好きなあの子を夏祭りに誘ってみよう。

1人で旅に出てみよう。

 

 

 

平成最後の夏だから。

 

 

f:id:sakusmap:20180803170842j:plain