sakura-world

『人生一度きり』『やらない後悔よりやる後悔』 がモットーの大学2年。 日本中を、世界中をサクッとさく旅。

少女漫画の主人公になりたくて。

 

高校生になったら、屋上でお弁当が食べられると思ってた。

高校生になったら、F4みたいな4人組がいると思ってた。

高校生になったら、イケメン2人から取り合いされるかもと思ってた。

 

 

そんなことはすべて幻想で。

 

 

あぁ、少女漫画の主人公にはなれないのだと気付いた。

 

 

最近私は『#彼氏いません』をつけて、妄想彼氏とのやりとりを呟いている。

妄想している間は、幸せいっぱいな気持ちになる。

全部が自分の思い通りな世界が広がっているから。

 

 

ただ最終的には現実に戻される。

 

あぁ、自分彼氏ないじゃん。

 

って。

 

 

小学生の頃から、少女漫画が大好きで。

特にNANAが大好きで。

 

きっと大人になったら、こんなロックな恋愛ができるんだと。

ずっとずっと思っていた。

 

気付いたらNANAやハチと同じ年齢になっていた。

 

 

少女漫画の主人公に憧れては、現実を見つめる。

いくら漫画の世界でキュンキュンしても、現実はそうじゃない。

 

 

でも、私は思う。

少女漫画の主人公になれなくても、人生の主人公になれるってこと。

 

 

親から敷かれたレールに沿って歩くのだって、自分の人生。

我が道を生きていくのだって、自分の人生。

少女漫画の主人公になれないのだって、自分の人生。

 

 

どんな人生だって、自分が主人公になんだ。

 

 

それでもまた少女漫画の主人公になりたくて、今日も呟く。

 

f:id:sakusmap:20180615185927j:plain