sakura-world

『人生一度きり』『やらない後悔よりやる後悔』 がモットーの大学2年。 日本中を、世界中をサクッとさく旅。

恋文よ、届け。

 

 

今日は、ラブレターの日らしい。

 

僕のやってる商売は、今の日本で一番金にならない商売です。
その上、僕自身もろくに金はありません。
ですから、生活の程度からいえば、何時までたってても知れたものです。
それから僕は、からだもあたまも、あまり上等には出来上がっていません。


あたまの方は、それでもまだ少しは自信があります。
うちには、父、母、伯母と、としよりが三人います。
それでよければ来て下さい

理由は一つしかありません。

僕は文ちゃんが好きです。

それだけでよければ来て下さい。

芥川龍之介がのちの妻となる塚本文に送ったラブレターだ。

 

 

 

今や、恋文を手書きで書く人は少ない。

SNSが普及し、LINEなどで『好きだ』という思いを羅列する。

既読がつけば、相手は読んでくれたと嬉しくなり、返信に一喜一憂する。

 

 

それがいいのか悪いのかは私には分からない。

 

 

 

私は人生で一度だけ、ラブレターを書いたことがある。

小学校6年生の頃だ。

私は中学で宮城に転校することが決まっており、想いを伝えなければ!と思っていた。

 

 

いざ鉛筆を手に持つと、一言目が浮かばない。

 

こんにちは

今日はいい天気ですね

突然すみません

 

何が正解なのか分からない。

結果、一言目は『あなたのことが好きです』と書いた。

 

 

そのあとは、いつから好きだっただの、どこが好きだの書き連ねた。

書き終えた頃には、便箋3枚分も書いていた。

 

 

それをいつ渡そうかと考えていたら、あっとゆう間に卒業式を迎えていまった。

結局恋文があの人に届くことはなかった。

 

 

 

今は送信ボタンひとつで伝えられてしまう。

便利になったなと思う。

 

 

 

もしかしたら、これを読んでいるあなたはラブレターを書いている最中かもしれない。

 

 

 

もしそうならば、あなたにひとつだけ伝えたい。

大好きなあの人へ、恋文よ、届け。

 

f:id:sakusmap:20180523134535j:plain