sakura-world

『人生一度きり』『やらない後悔よりやる後悔』 がモットーの大学2年。 日本中を、世界中をサクッとさく旅。

さくら、今咲き誇る。

 

 

仙台では、桜がもう少しで満開になる。

私が1番大好きな花。

 

 

さくら さくら 今咲き誇る

刹那に散りゆく運命と知って

 

森山直太郎のさくら(独唱) のサビ歌詞だ。

小学校の校庭にはさくらが咲き誇り、別れと出会いの季節を知らせてくれる。

 

 

 

自分が小学生の頃。

さくらの花をみようとも、なんの感情も湧かなかった。

 

 

咲き始めの喜びも。

満開の感動も。

散りゆく儚さも。

 

 

私は冬生まれなのに、さくらという名を親から授かった。

漢字で『咲良』と書く。

 

 

 

良い花が咲くように。

 そんな両親の願いが込められている。

 

 

 

今になって気づく。

 

春になると、頭上一面に広がるさくらを見上げては人々が微笑んでいることに。

散りゆくさくらを眺めてはどこか儚げな目をしていることに。

 

そして、自分もそんな表情をしていることに。

 

 

 

 

自分は素敵な名前をもらったなと、20歳にして初めて思った。

 

 

 

きっと素敵な名前を授かったのも当たり前かもしれない。

可愛い我が子に名付けるのだから。

 

 

 

そんな当たり前に気付いた今。

今だからこそ、自分らしさを咲き誇らせる時かもしれない。

 

 

 

さくら、今咲き誇る。

ここからが私のスタート。

さくらは、刹那に散りゆく運命だと知っているから。

 

f:id:sakusmap:20180409215509j:plain