sakura-world

『人生一度きり』『やらない後悔よりやる後悔』 がモットーの大学2年。 日本中を、世界中をサクッとさく旅。

かけがえのない日々を。

 

 

今日で東日本大震災から7年。

あっという間の7年だった。

 

 

 

地震発生時、自分は中学校の体育館の中にいた。

学区の避難場所に指定されていたので、『体育館なら安心だろう』と揺れている間はなぜか冷静に物事を考えている自分がいた。

(のちに、体育館は半壊扱いとなり立ち入り禁止に)

 

 

揺れが収まり、校内にいる生徒は校庭に一度全員集まった。

その瞬間に体の震えが止まらなくなった。

 

 

人がいるという安心感と同時に、家族の安否や家のこと、街はどうなってしまったのかという不安に襲われた。

 

 

今でもあの時の感覚を覚えている。

あの瞬間の空気感を覚えている。

 

 

周りの友達は泣き叫び、先生たちはせわしなく動き続け、雪が降っていた。

 

 

 

私も泣きたかった。けど、家族に会うまでは泣けなかった。

強い自分でいなくてはと、謎の感情が生まれ、先生たちと一緒に友達が落ち着くようにと背中をさすったり、上着を貸したり。

 

 

大きな津波が港町を襲ったということは、地震発生8時間後にラジオで知った。

 

 

幸い、私の家族は誰一人怪我もせずに合流できた。

今までもこれからも、家族の安心感をここまで感じることはないと思う。

 

 

停電は2週間続き、ガスは1ヶ月途絶えた。

毎日揺れは続き、ニュースはすべて震災関連のこと。

まるで日本沈没の映画に入り込んだ気分だった。

 

 

 

あの1ヶ月は、ただひたすらに怖かった。

けれど、多くのことをあの震災から学んだ。

 

 

 

 

何よりも、今自分がこの地球に存在できている。息をしている。

そんな些細なことがものすごくありがたいと感じる。

 

 

 

7年前の自分は、今この未来を想像できただろか。

地震の恐怖に怯えていた日々、毎日生きることで精一杯だった日々。

あの時の自分に伝えてあげたい。

 

 

 

そこを乗り越えたおかげで、

大切な人に沢山出逢えることを。

素敵な景色を見れることを。

美味しいご飯がたべれることを。

 

 

 

たまに、当たり前の大切さを忘れてしまうことがある。

そんな時は、一度立ち止まって、過去を振り返る。

 

 

過去の自分のおかげで、今の自分がある。

 

 

今までのかけがえのない日々よ、ありがとう。

これからのかけがえのない日々を、噛み締めて過ごしていこう。

 

f:id:sakusmap:20180311092149j:plain