sakura-world

『人生一度きり』『やらない後悔よりやる後悔』 大学を中退後、ふらふらと放浪中。 日本中を、世界中をサクッとさく旅。

切なさも、儚さも、すべて。

私は去年の春あたりから写るんですにハマっている。 気づけば海ばかりを撮っているが、写るんですで写し出される青がなんとも綺麗だ。 一言でいうと、 『エモい』 昨年はどこに行っても若い子たちがこぞって エモいと口々にしていた。 しかし、最近は耳にす…

今頃そっちは雪が降っている。

新年あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い致します。 今日は朝からずっと寒い。 雪が降ることもなければ、ただただ寒い。 雪を見ることのない年末年始は初めてだ。 雪の降る、仙台が恋しい。 なんて思いながら、母の誕生日を迎えた。 そう…

恋人たちを横目に私は。

クリスマス。 それは聖なる夜であり、性なる夜である。 なんて言ったらイエスは天国で憤慨するだろうか。 けれど、日本ではクリスマスは恋人同士で過ごす日なんて言われる。 それと同時に、私の両親の結婚記念日でもあるのだ。 クリスマスなんて、正直どうで…

冬の夜風が頬を撫でる時。

昨日は奥湯河原の夜空が綺麗だった。 月も綺麗だった。 今私は、奥湯河原で仲居の仕事をしている。 所謂、リゾートバイトというやつだ。 平成最後のクリスマスも。 平成最後の年末年始も。 平成最後の元彼の誕生日も。 ここで過ごす。 なんだかちょっと虚し…

ハロウィンなんて世間は言うけれど。

トリックオアトリート お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ この言葉を初めて聞いたのは、 任天堂ゲームキューブの『どうぶつの森』の中でだった。 街はハロウィン一色。 無宗教者の多いこの国は、宗教行事もごちゃ混ぜだ。 渋谷での騒ぎはニュースで取り…

この頃、秋になりまして。

照りつける太陽から優しい日差しへ、 人々の足元はサンダルからスニーカーへと変わった。 少し冷たい夜風を頬に感じて、 鈴虫の音を耳にしながら、バイト終わり帰路につく。 いつもと変わらない秋の1日だ。 秋は何かと盛り上がる。 食欲の秋。 読書の秋。 行…

Hakuna Matata きっとなんとかなる。

1ヶ月の旅を終え、日本に帰ってきてから。 全てが夢だったんじゃないかと思う。 旅をすると、 日常が非日常と化し、 非日常が日常と化す。 その感覚に恋している自分がいる。 皆さん知っているだろうか。 Hakuna Matata という言葉を。 そう、ライオンキング…

地平線の向こう側。

私たち人間は、アフリカ大陸という地で誕生したらしい。 小学生の頃。 社会の授業で、地平線の向こう側の世界を知った。 けどそれは、教科書上での話。 小中高と情報量は増え、自分の中でのアフリカに対する固定したイメージが出来上がった。 多種多様な民族…