sakura-world

『人生一度きり』『やらない後悔よりやる後悔』 がモットーの大学2年。 日本中を、世界中をサクッとさく旅。

今日が大嫌いだ、明日が大好きだ

タイトルは、Mrs.GREEN APPLEの春愁の歌詞。 最近歌詞引用しがちだなと思うけど、気にしない。 この曲は、ボーカルの大森元貴が高校の卒業式に書いた曲だそう。 そんな曲の歌詞に、こんなフレーズがある。 あなたが生きてさえいれば なんでもいいや 私は、こ…

言葉が白く目に見えるから

私は冬が好き、言葉が白く目に見えるから そんな歌詞で始まる、back numberの西藤公園。 今日はバレンタインデーだ。 まぁ、私には関係ない。 バスの隣の女の子の手には、綺麗にラッピングされたチョコらしきもの。 これから大好きなあの子に想いと一緒に届…

依存と没頭。

何かに依存するのが怖い。 依存することによって、その何かが失われた途端に自分が何者でもなくなってしまう気がして。 それでも、私は何かに依存していまいがちだ。 それでも、私は何かに固執してしまいがちだ。 そんな話をしたら、 何かに夢中になれてるこ…

あの頃の少女は、今も。

どこからが友達で、どこからが親友なのか。 そんなことを小学生の時から考えていた。 結局、未だに答えは見つかってない。 それは感覚的なものでしかなくて、線引きなんて存在しない。 それだけは分かった。 そんな感覚的に、初めて親友だと思える存在ができ…

あなたは何が好き?

もし 『あなたは何が好き?』 と聞かれたら。 皆さんは何と答えますか? ご飯を食べること、誰かに出会うこと、笑っていること。 はたまた旅だったり、スポーツだったり、写真だったり。 回答はごまんとある。 自分は何かなと考えてみた。 即答えは見つかっ…

終わりの先に。

何かが終わる時、虚しさが押し寄せる。 友達との鬼ごっこが終わった時。 合唱コンクールで歌い終えた時。 旅路を終えた時。 恋が終わった時。 この虚しさをどこかにぶつけることもなく。 そっと胸の奥にしまい込む。 しまい込んだ後、その虚しさは何処へ行く…

妄想世界。

人生は一冊の本と同じだ。 何かの映画で誰かが言っていた。 1日が終わるごとに、ページが1つめくられていく。 なんとなく1日を 過ごしたとしても、必ず1ページはめくられ。 充実した1日を過ごしたとしても、また同じく1ページはめくられる。 その物語を面白…

帰りたくなる場所。

私の旅の始まりは、微笑みの国タイ。 そんなタイに来月1年ぶり3度目の訪問をする。 もう既にトータル1ヶ月半は滞在している。 今回も1ヶ月ほど滞在する予定だ。 それだけいても、また戻りたくなる。 またワクワクが蘇る。 なんでだろう。 そんなことをふと考…